新コミュニティ創造のための、マルチイメージ・コンポーザー

Top.jpgTop.jpgIntro.jpgIntro.jpgWork.jpgWork.jpgSeminar.jpgSeminar.jpgStudy.jpgStudy.jpgActivity.jpgActivity.jpg

HOME > 基本業務 > graphic design

Worksバナー.jpg

Graphicバナー.jpg

Graphic Design

ネット通販普及で、劇的に安くなった印刷費。

Graphic designの環境も、今や大きく様変わりしました。
一つは、デザイン作業のほとんどを、コンピュータ上で行えるようになったことです。
以前ならば製版段階で行っていた色分解作業や、印画紙やフィルムに手作業で行っていたフォトレタッチの作業も、専用アプリケーションソフトによって、簡単に行えるようになりました。
この結果、二つめとして、印刷工程がただ刷るだけの作業に簡略化し、印刷のネット通販の普及と、印刷費の価格破壊が起こったのです。

これには、功罪半ばがあります。
印刷費は劇的に安くなったのですが、デザイナーの作業は増加しました。
また、印刷の色校正が省略され、凝った紙を使ったり、特色を用いたりすることが難しくなりました。
それらができないことはないのですが、今の価格破壊の中では、かなり割高になってしまうのです。

ともあれ、以前に比べて、印刷費が驚くほど安くなったのは確かです。要は、この利点を用いて、上手なGraphic designの活用をすればよいのです。

LOTUS STUDIOでは、グラフィック・ツールの企画から構成立案、デザイン、コピーライティング(文章作成)、フォトレタッチ(画像加工)まで、一挙に行います。

デザイン費用の目安は、A4サイズ1ページで、2万円ほどとお考え下さい。この中に上記作業が全部含まれます。企画費を別途ご請求するようなことはいたしません。

このデザイン料+印刷代+入稿手数料がご請求の金額となります。
(なお、イラストや写真の購入、撮影等が必要な場合は、別途費用が掛かります)

先ずは、ご相談ください。構想をお聞きした上で、お見積りをいたします。 LinkIconお問い合わせはこちら

フライヤー.jpgフライヤー

キャンペーン.jpgキャンペーン・ツール

パンフレット.jpgパンフレット

ハガキセット.png絵はがき

BOOK.jpgブック・デザイン

DVDジャケット.jpgDVD/CDジャケット

Graphic Tool 制作の流れ



















フォトレタッチ作業

画像データ、特に写真を取り込んだデータを加工・修正する作業のことを言います。昔の写真加工は専門の設備が必要でしたが、今では専用のソフトを使用して、コンピュータ上で加工作業ができます。
印刷原稿作成では、レイアウト前に、写真の細かな汚れを取り除いたり、明るさや色調を調整したり、トリミングや合成などの加工を行う作業が欠かせません。

印刷のネット通販

イラストレータやフォトショップなどのデザイン用ソフトで作った印刷用のデータを、インターネットを介して、直接印刷所に送ります。デザイナーは印刷所に赴くことなく、データ送信だけで入稿作業を終えることができます。これにより、依頼する印刷所が近くである必要がなくなりました。印刷所側から言えば、競争が全国レベルに拡大し、その結果、価格破壊が起こったのです。

デザイナーの作業が増えた

グラフィック・ツールの場合、デザイナーは、ただデザインをしていればよいわけではありません。写真やイラストなどの素材を用意することから、印刷工程管理、その仕上がりまで責任が発生します。むしろその手間の方が掛かるのです。デジタル化によって、フォトレタッチや製版工程までもがデザイナー側の作業領域となり、これらのすべてに管理責任が生じるようになりました。「割に合わない」とは、グラフィック・デザイナーがよくつぶやくボヤキです。

エスキース

Esquisse(仏)草案のこと。