新コミュニティ創造のための、マルチイメージ・コンポーザー

Top.jpgTop.jpgIntro.jpgIntro.jpgWork.jpgWork.jpgSeminar.jpgSeminar.jpgStudy.jpgStudy.jpgActivity.jpgActivity.jpg

HOME > 活動 > 出版【The Seven Secrets of John】

Activityバナー.jpg

出版プロジェクト 第二弾

Seventiitle.jpg
seven斜め.jpg絵で見るヨハネの黙示録


新作の『ヨハネの黙示録』シリーズ11点、ミニアチュール12点、およびこれまでの代表作25点を掲載。
『ヨハネの黙示録』に関する「ヨハネ・ペヌエル リーディング」も、2件分集録しました。

全ページ日英対訳つきの画集です。


3.11の大震災直後、

  • 海外メディアが一斉に、「これこそアポカリプスだ!」と報じたのをご存知でしょうか。

apocalyupse.jpg
"Apocalypse"とは『黙示録』のこと。
キリスト教の聖書、66編の最後に位置づけられた、まさに締めくくりの聖典が『ヨハネの黙示録』です。
2000年前にそこに書かれた予言が「ついに来た!」という驚きが、このとき、世界中を震撼させたのです。

"Apocalypse"とは、どんな聖典なのでしょうか? そこには何が描かれているのでしょうか?
古代ユダヤのゲマトリア(数秘術)の暗号が散りばめられた、難解な預言書といわれる『ヨハネの黙示録』。
なぜか「7」という数字が頻繁に登場します。実はそこには、チャクラ覚醒への階梯が説かれていたのです。
その謎に、強瀬淨眞が、絵解きで挑みました。

sevenページ見本.jpg

強瀬淨眞:談

27.JPG『ヨハネの黙示録』を次のテーマに、と取り組んでから2年。予定していた11枚を描き終わったのが3月10日。その翌日に、今回の大地震が起きたのでした。
いったいこれは、どういうことなのでしょうか? 単なる偶然なのでしょうか? そうとは思えません。
一時は、もう断念するしかないと思った個展の開催と画集の発刊。しかし、このようなときだからこそ、これを伝える意味がある、いや伝えねばならないと、思い直しました。
『ヨハネの黙示録』は、単におそろしい終末を予言しただけの書なのでしょうか? いいえ、違います。人類に課せられた試練を、乗り越えるための、希望を示した書物なのです。
本書を、東北関東大震災の犠牲者の霊に捧げます。(2011年3月18日)
著者ホームページ:http://joeshin-kowase.info/

仕様

書名:The Seven Secrets of John
著者:強瀬淨眞
編集・装丁:今成宗和
翻訳:栗原理会
出版社:ロータス・ステュディオ
単行本(ハードカバー):80ページ
発売日:2011/5/23
寸法:23.0×18.5×1.3 cm
IISBN978-4-9905705-1-4
価格:2,625円(本体2,500円+税)

内容

1章:絵で見る『ヨハネの黙示録』
2章:『ヨハネの黙示録』とは
3章:『ヨハネの黙示録』に関するリーディング
4章:強瀬淨眞の世界
5章:強瀬淨眞ギャラリー

ご注文方法

メールフォームにて、必要冊数をお申し込みください。
折り返し、入金方法のご案内を返信いたします。
商品の発送は、ご入金の確認後となります。
送料は無料です。
ご入金時の手数料は、申し訳ありませんが、お客様でご負担をお願いいたします。